相模原ロータリークラブ

2015年-2016年度のテーマ

2015-2016 RI theme

RI1516theme

私たちの人生には、いつか終わりが訪れます。しかも、終わりは思ったより早く来るものです。この限られた人生をどのように過ごしたらいいのでしょうか。世界が良い場所となるよう、人のために何かしますか。それとも、インドの著名な詩人、ラビンドラナート・タゴールの言葉のように、「楽器の弦の張替えばかりしていて、肝心な歌を歌わずに」毎日を過ごしますか。

ロータリーの栄光は、まさにその「歌を歌う」道を見つける手助けをしてくれることにあります。人生で本当に大切なことに目を向け、私たち自身が世界への贈り物となる方法を見つけることで、より充実した意義ある人生を送れるよう、私たちを導いてくれるのです。

友人に何を求めるかを考えると、ほとんどの人は、高潔性、信頼性、思いやり、相性を挙げるでしょう。私たちが求める友人とは、必ずしも自分と似通った人ではなく、自分にないものを持っている人、自分のいいところを引き出してくれる人です。私は、ロータリーがその特徴を備えていると思います。

ロータリーは、私たちの資質を引き出し、それを人生で生かす道を見つけてくれます。

私たちは往々にして、あまり意味のないことに捕らわれて毎日を過ごし、物を手に入れるために身をやつします。しかし、私たちがこの世を去った後、人が思い起こすのは、私たちが生前乗っていた車でも、着ていた服でも、肩書きでも、役職でもありません。より大きな資産や、より高い地位を得ようと払った努力のことでもありません。

結局のところ、私たちの人生の価値は、どれほど得たかではなく、どれほど与えたかによって判断されるのです。ですから、苦しんでいる人から目を背けずに、そ
の苦しみを和らげてあげましょう。同情の言葉をかけるだけでなく、実際に何かしてあげましょう。社会から享受するだけでなく、社会に貢献しましょう。

2015-16年度の私たちのテーマは「世界へのプレゼントになろう」です。

地位や身の上にかかわらず、才能、知識、能力、努力、そして献身と熱意など、誰でも与えることのできる何かをもっているはずです。私たちは、ロータリーを通じて、これらを世界にプレゼントすることで、誰かの人生に、そして世界に、真の変化を起こすことができるはずです。

「人は手を閉じて生まれ、手を開いて世を去る」、また「己の才能は、天から授かったもの」と言われます。ですから私たちは、その授かりものをお返しするのです。
私たちは皆、この世に生まれ、何でもつかみ取ろうとしますが、この世を去るときにはすべてを残していきます。ロータリーを通じて私たちは、いつまでも続く、本物の何かを残すことができるでしょう。

私たちに与えられた時間は今です。この機会は二度と訪れるものではありません。
「世界へのプレゼントになろう」

ri_president
2015-16年度国際ロータリー会長
K. R“. ラビ”ラビンドラン

COLOMBO ロータリークラブ所属
スリランカ
ティーバッグの製造で世界をリードする上場企業、Printcare PLC の創設者・CEO。このほかにも複数の企業と慈善団体の理事、およびスリランカ最⼤の⿇薬防⽌団体であるSri Lanka Anti Narcotics Association の創⽴会⻑。
1974 年にロータリークラブに⼊会。RI 理事、財務⻑、財団管理委員、委員会委員・副委員⻑・委員⻑、タスクフォースメンバー、RI 研修リーダー、地区ガバナーを歴任。
スリランカのポリオプラス委員⻑として、政府関係者、ユニセフ、ロータリーのメンバーから成るタスクフォースの委員⻑としてユニセフと協⼒し、同国北部を領域とする武装組織との交渉を通じて、全国⼀⻫予防接種活動中の⼀時停戦を実現。また、スリランカで津波によって破壊された25 校を再建するプロジェクトの委員⻑として、15,000 ⼈の⽣徒を⽀援。

RID2780地区テーマ

もっと役に立つ もっと面白いロータリー
ロータリークラブおよびロータリアンに備わっている才能、知識、能力、努力、献身と熱意、これ等を世界に役立てようと掲げているのがラビンドランRI会長です。世界に、社会に、あるいは事業に、職業にもっと役に立つロータリーあるいはロータリアンを目指しましょう。そしてクラブでの親睦、グループでの親睦、地区レベルあるいは世界での親睦を深め、もっと楽しく、もっと面白いロータリーを目指しましょう。実践第一主義で行動することが素晴らしい奉仕となり、プレゼントになります。

具体的な目標 すべてRI会長目標とRI戦略計画に基づいています。

  1. 奉仕活動
    5大奉仕活動に積極的に取り組む R財団の地区補助金、グローバル補助金を理解してチャレンジ
  2. 公共イメージの向上
    マルチメディア等で良い活動は広めて影響力を持とう 自己が、クラブが、ロータリーが尊敬される存在となろう ロータリーデイを市民参加の行事として実践しよう 公共イメージ賞を設ける
  3. 寄付の理解
    財団 一人当たり 200ドル以上
    米山記念奨学事業 20000円以上
    ポリオ撲滅活動 40ドル以上
    ベネファクター 一度に1000ドル クラブ1名以上
    スマホでご覧の際は上の表をスクロール(スワイプ)でご覧下さい。

    それぞれの目的は至高なプログラムです。超我の奉仕の精神のもとに 学びや実践によって理解を深めてください。

  4. 会員増強10パーセント
    私たち2780地区の平均は一クラブあたりの会員数は37名です。10パーセントは 一クラブ3~4名です。その気になって努力すれば必ず達成できます。女性、若い世代、 新しい職業、熟年世代、ロータリーファミリーなどあらゆる角度に目を向けてください。 楽しいミーティングを工夫して親睦を図りながら情報を累積する機会を増やしてください。例会や奉仕活動を役に立つ面白いロータリーとして魅力を高めてくださし。
  5. 中核的価値観を出席や参加を多くして学ぼう
    親睦、高潔性、多様性、奉仕、リーダーシップはロータリー精神の基本です。 例会、IM、地区委員会、地区セミナー、地区大会、国際大会の出席と参加をしましょう。 出席は義務でなくて権利です。多くのことを学ぶチャンスです。親睦を促進し、ロータリーを学ぶことは楽しみであると同時に役に立ちます。
  6. オンラインツールの利用促進
    MY ROTARY へのアカウント登録 会員の50%以上を目指してください。 ロータリークラブセントラル 100%のクラブ ブランドリソースセンター ロータリーショーケース ボイス など
  7. 特別月間の大幅な変更を理解

tanaka
2015-16年度 第2780地区ガバナー
田中 賢三たなかけんぞう

所属クラブ 茅ヶ崎ロータリークラブ
生年月日 昭和19年(1944年)2月20日 71歳
職業分類 精麦製造販売
職業/役職 日本精麦株式会社 代表取締役
最終学歴 明治大学工学部卒
ロータリー歴 1989年 2月 茅ヶ崎ロータリークラブ入会 入会
2002年 4月 研究グループ交換チーム 団長
2003年~2004年度 茅ヶ崎ロータリークラブ 会長
2004年~2005年度 地区副幹事
2006年~2007年度 世界平和フェロー奨学生 カウンセラー
2007年~2008年度 地区世界平和フェローシップ委員会 委員長
2008年~2009年度 財団奨学金・財団学友委員会 委員
2011年~2012年度 地区研究グループ交換委員会 委員
2012年~2013年度 ロータリーの友 地区代表委員
2013年~2014年度 ガバナーノミニー
地区戦略計画委員会 委員
地区研修委員会 委員
2014年~2015年度 ガバナーエレクト、地区戦略計画委員
地区危機管理委員
オンツー・サンパウロ国際大会委員長
2015年~2016年度 RID2780地区運営方針
ガバナー田中賢三 茅ヶ崎ロータ
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。

クラブスローガン

クラブスローガン「会員相互の融和をはかる」
本年度、国際ロータリー会長は「世界へのプレゼントになろう」、そして第2780地区ガバナーの「もっと役に立つ、もっと面白いロータリー」というテーマを掲げております。大変不器用な私ですが、会長の基本方針として「会員相互の融和をはかる」をスローガンに掲げ、53年の歴史を踏まえての例会開催等を目指していくことに努めてまいりたいと思います。また、会員相互の親睦や地域社会への貢献、奉仕を実践することに努めます。会員の皆様のお力添えとロータリアンとしての友情を基に、活動してまいります。

第54代会長 古性 敏行

PAGE TOP