相模原ロータリークラブ

ロータリークラブ概要2022-2023

クラブ紹介

banner
バナー

政令指定都市・相模原市は、緑と太陽の街といわれ、市の西方には母なる河、相模川が悠々と流れています。
クラブのバナーは、市のシンボルカラーである緑を基調とし、左側の三本の線で、相模川を表したものです。

相模原ロータリークラブは、神奈川県の茅ヶ崎ロータリークラブをスポンサークラブとして、相模原地域の最初のロータリークラブとして1962年(昭和37年)8月10日発足し、同年9月8日国内520番目、現在の第2780地区では16番目のクラブとして認証されました。
当初27名の会員をもってスタートし、この50余年間に約350名が奉仕の理想、奉仕の理念を実践するため、また、新たな出会いを求めて相模原ロータリークラブに入会しました。現在のクラブ会員数は52名です。
年々歳々人は変われど、ロータリーの奉仕の理想、奉仕の理念の信念は変わることなく、脈々と受け継がれています。相模原ロータリークラブは伝統に安住することなく、変化に対応してきました。会員同士が和敬の心をもって、お互いのふくらみのあるロータリーライフに寄与し合うことを大切にしております。同時に、ロータリーの奉仕の理想の種を蒔くべく、相模原地域のクラブ拡大にも努め、津久井ロータリークラブ、相模原南ロータリークラブ、相模原中ロータリークラブ、相模原グリーンロータリークラブ、相模原橋本ロータリークラブのスポンサークラブを務めさせていただきました。
今後とも私たちは奉仕の精神、奉仕の理念を燃やし、繋いでまいります。

役員・理事

役員
伊藤 孝仁(会長)
守屋 又市(幹事・会長エレクト)
山口 紀生(会長ノミニー・副会長)
阿部 邦彦(会計)
宮下哲太朗(会場監督)
理事
伊藤 孝仁(会長)
守屋 又市(幹事・会長エレクト)
山口 紀生(会長ノミニー・副会長)
杉田 豊範(プログラム)
中村 太郎(会員増強)
山本 忠典(奉仕プロジェクト)
松嵜 英剛(クラブ広報)
阿部 邦彦(会計)
宮下 哲太朗(会場監督)
松岡 忠義(直前会長)
新倉  裕(直前幹事)
会計監査
森 正雄
会計補佐
守屋 又市
副会場監督
藤田 寛之

委員会構成

常設委員会 委員長 特別・担当委員長 担当委員長 担当副委員長 委員
クラブ
管理運営
守屋 又市
(理事)
会長エレクト
プログラム 杉田 豊範 宮下 哲太朗 比嘉 成夫 堀 貴麿 柴田 正隆
出席 秋山 直樹 水谷 正一郎 佐藤 清一 赤間 源太郎 水野 仁
沼澤 剛志 不破 俊幸 染谷 耕平
小川 彩奈 篠原 覚
親睦活動 鈴木 誠 佐藤 典克 市川 雄士 山本 隆人 今岡 俊二
鈴木 優二 田中 正二 池田 亨
沼澤 剛志 牧野 英太郎 香川 健
不破 俊幸 茂手 木祐介 染谷 耕平
小川 彩奈 大谷 俊祐 篠原 覚
内ゴルフ担当 堀 貴麿 水谷 正一郎
苫小牧姉妹特別 竹内 健 齊藤 啓夫 杉岡 芳樹 比嘉 成夫 菅沼 山一
杉田 豊範 新倉 裕 山本 忠典
雑誌・クラブ会報 根岸 小百合 阿部 邦彦 藤田 寛之 岩谷 房雄 細谷 政幸
秋山 直樹 今岡 俊二 鈴木 優二
佐藤 典克 茂手 木祐介
会員増強 中村 太郎
(理事)
クラブ研修 宮﨑 哲朗 松岡 忠義 薗廣 四郎 牛久保 政宏 緒方 義弘
職業分類 松田 壯吾 川井 俊幸 佐藤 清一 磯﨑 嘉德 畑喜 代司
会員選考 苗村 泰徳 木内 哲也 根岸 信行 鈴木 正彦 成川 猛
会員増強小 中村 太郎 秋山 直樹 牛久保 政宏 宮﨑 哲朗 伊藤 公介
新倉 裕 志澤 菜穂子 稲場 純
鈴木 優二
奉仕
プロジェクト
山本 忠典
(理事)
職業奉仕 近藤 千奈美 竹内 健 根本 敏子 川合 靖一 大谷 俊祐
社会奉仕 山本 忠典 西澤 勇司 森 正雄 志村みか 緒方義弘
鈴木 誠 根岸 小百合
国際奉仕 吉田 茂司 川合 靖一 杉岡 芳樹 志澤 菜穂子 牧野 英太郎
クラブ広報 松嵜 英剛
(理事)
吉田 茂司 鈴木 勝久 柴田 正隆 岩谷 房雄
細谷 政幸 中村 太郎 池田 亨
ロータリー財団 根本 敏子 成川 猛 井上 穣 菅沼 山一 山口紀生
宮﨑 哲朗 田中 正二
青少年育成 藤田 寛之 青少年育成プロジェクト 菅野 宏一 稲場 純 松嵜 英剛 齊藤 啓夫 篠原 覚
ローターアクト特別 藤田 寛之 今岡 俊二 宮﨑 哲朗 山口 紀生 志村 みか
水野 仁 近藤 千奈美 染谷 耕平
米山奨学 齊藤 啓夫 菅野 宏一 守屋 又市 伊藤 公介 森 正雄
西澤 勇司 吉田 茂司
戦略計画
検討
鈴木 正彦 苗村 泰徳 薗 廣四郎 根岸 信行 井上 穣
松田 壯吾 磯﨑 嘉德 杉岡 芳樹
木内 哲也 川井 俊幸 松岡 忠義
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
会計:阿部 邦彦(理事) / 会計監査:森 正雄 / 会場監督:宮下 哲太朗(理事) / 副会場監督:藤田 寛之

活動計画

2022-23年度 会長

伊藤 孝仁

目  標

いごこちのいいクラブ
地域社会から期待される団体
子どもの未来を輝かせるクラブ
最強の布陣(委員会構成)で臨みます。

2022-23年度 幹事

守屋 又市

基本方針

会長の年度基本方針である3つのテーマを実現するため

  1. 「ニューノーマル いごこちのいいクラブ」実現に向け円滑なクラブ運営を進める。
  2. 「地域から期待される団体」として対外的な事業についても各委員会と連携して積極的に進める。
  3. 「子どもの未来を輝かせるクラブ」として「空飛ぶ出前事業」をはじめ青少年奉仕活動にも尽力する。

活動計画

  • 会長の補佐として、各委員長・会員とのパイプ役に徹する。
  • 会長の年度方針を具現化させるために、各委員会の活動を積極的に支援・広報する。
  • クラブ運営の基本は例会への出席であり、ここ数年のコロナ禍の影響による出席率の低下に対し、会員の例会出席を促すよう出席委員会と中心に、出席率の向上を図る。
  • 新会員獲得は例年の命題で、今年度も最重点方針の一つですが、退会者の防止にも目配りをし、会員増強委員会・出席委員会と連携して会員数の維持向上に努める。
  • クラブと地区の橋渡し役として、地区の運営方針や各種活動を広報する。
会 計
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 阿部 邦彦
目 標

本会計と奉仕会計を明確に区分し、正確かつ明瞭な会計処理を行う。
各委員会活動を支援する意味でも、支払い処理の迅速化を図る。

活動計画
  1. 本会計と奉仕会計の区分を明確化する。
  2. 会計報告を、要請に基づき適時行えるように努める。
  3. 委員会活動に対して、迅速出金する。
  4. 予算遂行手順の遵守。
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
会場監督
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 宮下 哲太朗
目 標

会員、ゲストとも楽しめ、かつ有意義な例会づくりをする。

活動計画
  1. 参加人数の把握をし、食事の過不足がないよう注意する。
  2. 会長・幹事、親睦委員会、事務局と連携し、円滑な例会運営を行う。
  3. 参加者間の交流を深められるよう、工夫する。
副委員長 藤田 寛之
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
クラブ管理運営常設委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 守屋 又市
目 標

ここ数年のコロナ禍において、例会を含め会員の参画意識がやや希薄になっており、各委員会と連携して会員各々が積極的にクラブ行事に参加する雰囲気作りを進める。

活動計画
  1. クラブの基本は例会出席であり、顔を合わせて話をすることで会員相互の親睦が深まり、クラブの活性化につなげる。
  2. 親睦活動はクラブのメイン行事であり、会員が楽しめる企画を委員会ともに検討する。
  3. 今年度は苫小牧訪問年度にあたり、コロナ禍でまだ先が見えない状況ですが、思い出に残るような公式訪問になるよう、委員会と企画検討する。
  4. ロータリーの友等への投稿を積極的勧め、有益な情報を会員に告知する。
担当委員会 プログラム
出   席
親睦活動
苫小牧姉妹特別
雑誌・クラブ会報
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
クラブ管理運営常設委員会
プログラム担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 杉田 豊範
目 標

会長の運営方針に基づき、例会のプログラム編成する事により楽しく有益で親睦が深まることに努める。

活動計画
  1. 会長の時間はロータリー月間テーマに沿った内容をお願いする。
  2. イニシエーションスピーチを優先し、会員の溶け込みを図る。
  3. 規定審議会にて今年度よりローターアクトの立ち位置が変わるので、その卓話も計画する。
副委員長 宮下 哲太朗
委員 比嘉 成夫
堀 貴麿
柴田 正隆
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
クラブ管理運営常設委員会
出席担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 秋山 直樹
目 標

ここ数年のコロナ禍により、ズーム開催であったりしたため会員同士の顔を合わせる機会が減少したことにより、出席率が低下していることもあり、会員に対し例会への出席を促す。

活動計画
  1. 例会の出席率を把握し、欠席がちの会員に対し出席を促し、フォローする。
  2. 親睦委員会と協力して、例会に出席したくなる環境整備する。
  3. 「空飛ぶ出前事業」等メークできる機会が増えておりそれを告知することにより、出席率の向上を図る。
 副委員長 水谷 正一郎
委員 佐藤 清一
赤間源太郎
水野  仁
沼澤 剛志
不破 俊幸
染谷 耕平
小川 彩奈
篠原  覚
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
クラブ管理運営常設委員会
親睦活動担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 鈴木 誠
目 標

各委員会と連携を図り、スムーズな例会の進行各事業に対し、委員会全員で事業構築をする。

活動計画
  1. 新会員と積極的にコミュニケーションをとりクラブの活性化を促進する。
  2. 新会員・ロータリーファミリーの参加も歓迎できるような同好会の活動。
  3. 会員及び会員の家族にも喜んでいただける事業を計画し、参加率の向上を図る。
副委員長 佐藤 典克
委員 市川 雄二
山本 隆人
今岡 俊二
鈴木 優二
池田 亨
田中 正二
沼澤 剛志
牧野英太郎
香川 健
不破 俊幸
早川 優
染谷 耕平
小川 彩奈
大谷 俊祐
篠原 覚
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
クラブ管理運営常設委員会
苫小牧姉妹特別委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 竹内 健
目 標
  • コロナ禍を乗り越え、4年ぶりの苫小牧訪問を実現させる。
  • 可能な限りたくさんの会員及び家族で苫小牧を訪問する。
  • 先達による半世紀を超える交流に感謝し、苫小牧・相模原の会員同志の絆をより一層深める交流を企画する。
活動計画

5月
来相される苫小牧RCメンバーとの親睦を深める。

7月
委員長・副委員長が苫小牧に訪問し、先方の担当委員会とのご挨拶&打合せ。

9月
苫小牧訪問(2泊3日を予定)。

10月
お礼状の送付。

副委員長 齊藤 啓夫
委員 杉岡 芳樹
比嘉 成夫
菅沼 山一
杉田 豊範
新倉 裕
山本 忠典
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
クラブ管理運営常設委員会
雑誌・クラブ会報担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 根岸 小百合
目 標

例会・クラブ活動・各委員会の活動などの情報発信を通じ、会員相互の親睦と交流を図る。

活動計画
  1. 週報紙面を例会毎に発行する。
  2. 週報の目的であるクラブ行事、卓話、委員会報告、理事会等の情報を正確に周知する。
  3. 紙面づくり・校正は事務局と協力しながら2名1組の当番制とする。また、委員会内でその情報を共有し相互フォローする。
  4. 正確性を保つために委員会報告などは例会時に報告者から原稿をいただく。また、卓話者には事前に卓話テキストの原稿依頼を行う
  5. ロータリーの友について、会員の興味や関心の高い企画を検討する。
副委員長 阿部 邦彦
委員 藤田 寛之
岩谷 房雄
細谷 政幸
秋山 直樹
今岡 俊二
鈴木 優二
佐藤 典克
早川  優
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
会員増強常設委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 中村 太郎
目 標

持続可能なクラブの発展に期するため、また積極的な奉仕活動を行っていくため、会員増強に努める。
また、各委員会と連携をとり、退会防止を図る。

活動計画
  1. クラブ研修、職業分類、会員選考、会員増強の各委員長と連携し情報の共有化を図る。
  2. 各委員会の活動の支援を行う。
担当委員会 クラブ研修
職業分類
会員選考
会員増強小
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
会員増強常設委員会
クラブ研修担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 宮﨑 哲朗
目 標

研修を通じてロータリークラブの存在意義、物心友の奉仕の必要性を認識してもらうと共に、クラブの楽しさを感じてもらいたい。

活動計画
  1. 新会員の為の研修親睦会を開催し、ロータリーを楽しむきっかけとする。
  2. 入会3年未満の会員の為の基礎知識(ロータリー用語、歴史、寄付や、スマイルの意味、地区やグループまたは青少年活動等)を提供する。
  3. マイロータリーの登録率向上と活用に努める。
副委員長 松岡 忠義
委員 薗 廣四郎
牛久保 政宏
緒方 義弘
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
会員増強常設委員会
職業分類担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 松田 壯吾
目 標
  1. クラブ細則の職業分類委員会規定の改正。
  2. 充填未充填職業分類表の作成。
活動計画
  1. 細則第11条(委員会の活動)第2節(b)(職業分類委員会)は、クラブ定款9条にて会員分類の手法としての職業分類の用語はあるものの、職業分類の原則であった1業種1名、1業種5名の制限枠がなくなったので根本的に見直す。
  2. 地区、他クラブの職業分類に関する動向を調査する。
副委員長 川井 俊幸
委員 佐藤 清一
磯﨑 嘉德
畑 喜代司
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
会員増強常設委員会
会員選考担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 苗村 泰徳
目 標

会員増強小委員会より推薦された入会候補者が、相模原ロータリークラブ会員として適格か、現会員と協調できるか等判断し選考する。

活動計画
  1. 候補者の会員としての適格性を検討
  2. 地域での社会的評価を調査
  3. 例会出席、クラブ行事参加の確認
  4. 奉仕活動に対する熱意、考えを確認
副委員長 木内 哲也
委員 根岸 信行
鈴木 正彦
成川 猛
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
会員増強常設委員会
会員増強小委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 中村 太郎
目 標

会員数の純増2名を目指す。

活動計画
  1. 選んでもらえるためのクラブのメリットを会員が認識できるようにする。
  2. 女性会員の会員比率を向上させる。
  3. 新会員獲得のために他地区で有効であると言われているオープン例会について研究検討し、クラブ内での理解が得られた場合には実施する。
  4. 他委員会と連携し、新会員の退会防止に努める。
副委員長 秋山 直樹
委員 牛久保 政宏
宮﨑 哲朗
伊藤 公介
新倉 裕
志澤菜穂子
稲場 純
鈴木 優二
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
奉仕プロジェクト常設委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 山本 忠典
目 標
  1. 相模原ロータリークラブとして相応しい奉仕活動を考える。
  2. 当クラブが活動する地域に必要な奉仕を掘り起こす。
  3. 三つの担当委員会(職業奉仕・社会奉仕・国際奉仕)が連携して、真に役立つ奉仕活動を考え実行する。
活動計画

奉仕プロジェクトの三つの委員会が、共通のテーマを持ち伊藤会長の掲げる「地域社会から期待される団体」「子どもの未来を輝かせるクラブ」のテーマを各委員会が役割分担して、質の高い奉仕活動を目指す。

担当委員会 職業奉仕
社会奉仕
国際奉仕
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
奉仕プロジェクト常設委員会
職業奉仕担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 近藤 千奈美
目 標

職業奉仕とは、「クラブ会員が自己の職業を通じて、他者に奉仕しながら、高い高潔性をめざすこと」であるのでクラブ会員の親睦を通じて、自己研鑽の機会を創出する。

活動計画
  1. 相模原ロータリー会員間のビジネスについて、月に1度、例会の委員会報告枠で奉仕活動委員がご紹介する。(特に入会の浅い会員の事業について)
  2. 職業を通じて他者に奉仕をしてきた方をお招きし、例会等でご講話いただく機会を今期中に2回、創出する。
副委員長 竹内 健
委員 根本 敏子
川合 靖一
大谷 俊祐
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
奉仕プロジェクト常設委員会
社会奉仕担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 山本 忠典
目 標
  1. 「地域社会から期待される団体」をテーマに、会員皆で地域に必要な奉仕活動を考える。
  2. 他委員会とも連携して(特に青少年育成常設委員会)60周年記念事業でもあるドローン出前授業を通して「子どもの未来を輝かせる」を目標に活動する。
  3. 地区の補助金を使う奉仕活動を会員皆で考える。
活動計画
  1. まずは、相模原市内で必要な奉仕活動を考え、その目標に向かって会員皆で活動する。
  2. 青少年育成常設委員会と連携してドローン出前授業の成功させる。
  3. 地区の補助金を使う奉仕活動を会員皆で考えアイディアを募集する。その為に、地区の財団委員会に勉強に行ってきます。
副委員長 西澤 勇司
委員 森 正雄
志村 みか
緒方 義弘
鈴木 誠
根岸 小百合
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
奉仕プロジェクト常設委員会
国際奉仕担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 吉田 茂司
目 標
  1. 本年度RIテーマである「イマジンロータリー」について会員の理解を深め、国際的な奉仕活動を行っていきます。
  2. 国際大会に多くの人数で参加し、世界各国のRCの活動を直接感じることで更なる国際奉仕活動に繋げていきます。
活動計画
  1. より多くの会員にRIテーマにそって国際奉仕についての理解を深めてもらう。
  2. 国際大会に参加し世界での活動を理解すると共に会員同士の交流も深める。
  3. 国際大会での経験を発表しその意義を話し合い更なる国際大会への参加促進に繋げていく。
副委員長 川合 靖一
委員 杉岡 芳樹
志澤菜穂子
牧野英太郎
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
クラブ広報常設委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 松嵜 英剛
目 標

地域社会に於けるロータリークラブの公共的なイメージ向上に努める。

活動計画
  1. 地域の行政・他団体と連携した奉仕活動についての広報、また、ちびっこに名前を覚えてもらえるような広報を心掛ける。
  2. Facebook、Instagramの更新を行う。
  3. 奉仕活動については、地区に報告をし、地区の奉仕活動紹介の中でも相模原ロータリークラブの奉仕活動を紹介してもらう。
  4. 雑誌、クラブ会報委員会との連携を図る。
副委員長 吉田 茂司
委員 鈴木 勝久
柴田 正隆
岩谷 房雄
細谷 政幸
中村 太郎
池田 亨
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
ロータリー財団常設委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 根本 敏子
目 標

次年度以降に「地区補助金を使った奉仕活動」の実現に向けた行動を積極的に行う事を目的とする。

活動計画
  1. 上記達成の為に、セミナー等の参加、情勢収集をしてクラブ内でも奉仕方向性の統一を図る。
  2. 上記達成の為、地区目標200ドル/1人、ポリオ撲滅40ドル/1人の協力体制を図る。
副委員長 成川 猛
委員 井上  穣
菅沼 山一
宮﨑 哲朗
山口 紀生
田中 正二
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
青少年育成常設委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 藤田 寛之
目 標

社会の将来を担う人材の成長を支援する。

活動計画
  1. 青少年育成委員会
    青少年との交流を通じて成長を支援する。
  2. ロータアクト特別委員会
    ロータアクトと共に活動し、アクト会員の成長を支援する。
担当委員会 青少年育成PJ
ローターアクト特別
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
青少年育成常設委員会
青少年育成プロジェクト担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 菅野 宏一
目 標

次世代を担う青少年の育成支援。

活動計画
  1. ガールスカウト神奈川第30団への活動支援。
  2. 地区ロータリー青少年指導育成プログラム(RYRA)への協力。
副委員長 稲場 純
委員 松嵜 英剛
齊藤 啓夫
篠原 覚
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
青少年育成常設委員会
ローターアクト特別委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 藤田 寛之
目 標

ロータアクト会員が社会の将来を担う人材に成長することを支援する。

活動計画
  1. アクトの諸活動へ参加し、またクラブ会員の参加を促す。
  2. アクトの会員増強に協力する。
  3. アクト会員のクラブ例会出席を促す。
副委員長 今岡 俊二
委員 宮﨑 哲朗
山口 紀生
志村 みか
水野 仁
近藤 千奈美
染谷 耕平
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
米山奨学常設委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 齊藤 啓夫
目 標

米山記念奨学会事業への理解を深め全員が事業に参加するよう努める。

活動計画
  1. 米山記念会館・米山梅吉記念館への見学。
  2. カウンセラー経験のある会員に卓話をして頂く。
  3. 奨学生・学友との親睦を深める機会をつくる。
副委員長 菅野 宏一
委員 守屋 又市
伊藤 公介
森 正雄
西澤 勇司
吉田 茂司
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
戦略計画検討委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 鈴木 正彦
目 標

創立61年目を迎える伝統ある我が相模原ロータリークラブが70周年に向けて更に活性化したクラブとなるよう、中長期計画をたてる。

活動計画
  1. クラブの現状分析を行い、クラブのビジョン声明を作成する。
  2. 戦略的優先事項を定める。
  3. 年次目標を定める。
副委員長 苗村 泰徳
委員 薗 廣四郎
根岸 信行
井上 穣
松田 壯吾
磯﨑 嘉德
杉岡 芳樹
木内 哲也
川井 俊幸
松岡 忠義
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。

相模原市等関連委員会

委員会名称 会 長 委員数 役 職 任 期
相模原市民まつり 市 長 15 会 計 1年
美化運動推進協議会 竹田 幹夫 12 理 事 1年
福祉のまちづくり推進協議会 笹野 章央 14 理 事 2年
相模川を愛する会 加藤 明 25 監 事 2年
相模原市国際化推進委員会 杉岡 芳樹 28 理 事 2年
相模原社会を明るくする運動推進委員会 市 長 85 理 事 1年
相模原市観光親善大使事業運営委員会 梅津 賢一 22 理 事 1年
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。

地域、地区役員、委員

地 域 役 職 氏 名
国際ロータリー第2地域 E/MGA(恒久基金/大口寄付アドバイザー) 杉岡 芳樹
委員会名称等 役  職 氏  名
パストガバナー/地区諮問委員会 委員 杉岡 芳樹
地区ロータリー財団監査委員会 委員長
地区副幹事 根本 敏子
西澤 勇司
水野 仁
補助金配分・VTT委員会 副委員長 中村 太郎
ロータリー財団監査委員会 委員 苗村 泰徳
ローターアクト委員会 委員 藤田 寛之
地区会員増強委員会 委員 吉田 茂司
RYLA委員会 委員 松嵜 英剛
平和フェロー・奨学金委員会 委員 川合 靖一
補助金配分・VTT委員会 委員 山本 忠典
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。

事務所

相模原市中央区中央3−12−3
相模原商工会館内(〒252-0239)
TEL 042−753−2020
FAX 042−753−2642
Email:info@sagami-rc.jp
URL:http://www.sagami-rc.jp/

例 会

  1. 例会日 毎週木曜日 12:30〜13:30
  2. 例会場 中国名菜 敦煌(トンコウ)
    相模原市中央区相模原2-13-1 スリーエルビル3F
    TEL 042-756-6555

理事会・年次総会

  1. 理事会
    毎月第1例会日または、第2例会日のどちらかに例会終了後、引続いて定例理事会を例会場に於いて開催する。
    但し、緊急に必要のあるときは随時臨時理事会を開催する。
  2. 年次総会
    12月第1週または、第2週のどちらかの木曜日

会費・入会金

  1. 年会費 270,000円
  2. 入会金 50,000円

所在地域と隣接ロータリークラブ

月曜日 相模原東RC 水曜日 相模原西RC
相模原柴胡RC 座間RC
 海老名RC 厚木中RC
火曜日 相模原南RC 東京町田東RC
相模原中RC
厚木RC
大和RC
東京町田中RC
相模原かめりあRC
(第一・三火曜日)
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。

所在地域と隣接ロータリークラブ

木曜日 相模原RC 金曜日 相模原グリーンRC
津久井中央RC 大和田園RC
大和中RC 東京町田RC
東京町田サルビアRC  厚木県央RC
 海老名欅RC
相模原橋本RC
(奇数週木曜日夜)
(偶数週木曜日昼)
相模原ニューシティRC
(第一、三木曜日夜)
本厚木RC
(第一、三木曜日夜)
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。

PAGE TOP