相模原ロータリークラブ

会長挨拶2019-2020

相模原ロータリークラブ 第58代会長 鈴木 正彦
相模原ロータリークラブ
第58代会長 鈴木 正彦

「思いやりと愛する心あふれる社会を目指して」

2019-20年度のRI. マーク・ダニエル・マローニー会長のテーマは、「ロータリーは世界をつなぐ」です。「このテーマのもとロータリーの奉仕を通じて、有能で思慮深く寛大な人々が手を取り合い、行動を起こすためのつながりを築いてまいりましょう。」とも話されております。わがクラブでもコミュニケーションを深め、ロータリー家族である会員家族、ローターアクト、米山奨学生、財団学友とも手を取り合い、しっかりとした財務体制で、楽しく思いやりのあるクラブ運営を行っていきたいと思います。
本年度は、当クラブから33年ぶりに杉岡ガバナーを輩出します。ガバナー、地区出向者への支援をし、ホストクラブとして周到な準備のもとメンバー全員で地区大会の成功に向けて頑張っていきましょう。ホストクラブの経験は必ずや、クラブの活性化に繋がっていくと思います。次年度には苫小牧ロータリークラブとの姉妹締結50周年、次々年度には当クラブ創立60周年がございます。みなさんのご協力のもと活気あるクラブとしてこれらの事業を迎えられればと思います。
今年度のRIテーマ「ロータリーは世界をつなぐ」にもありますように、ロータリーの礎は、クラブ奉仕にあります。有意義で楽しい例会プログラムは、出席率の向上につながり、楽しい企画の家族懇親会、各種親睦会は会員相互、ロータリー家族とともにコミュニケーションを深めることができます。また、比嘉年度は、地震の影響で、残念ながら苫小牧RCを訪れることができませんでした。本年は地区大会にもご参加のご意向をいただいておりますが、地区大会後も打ち上げを兼ね1泊で苫小牧クラブと懇親を深めたく思っております。
また、クラブ週報は会員の情報共有にとても大切です。現在担当委員がとても苦労しておりますので、効率化を図っていきたいと思います。
クラブの活性化には、会員増強が不可欠です。多様化したロータリーですが、わがクラブに相応しい会員の増強と退会防止にも努め、会員純増2名を達成したいと思います。
2019-20年度2780地区杉岡ガバナーは、地区方針として、「1クラブ1奉仕プロジェクト」を提唱しております。4つのテストによる職業奉仕、社会奉仕、国際奉仕の奉仕活動の実践は、会員が「ロータリアン」に進化し、互いに奉仕の喜びを分かち合えます。ニーズを把握し、全会員参加の奉仕事業を行えたらと思います。また、年度の集大成として、多くのメンバーで国際大会に参加し、世界のメンバーと交流し、未来の国際奉仕へつなげられたらと思います。
また、奉仕活動をソーシャルメディア等で情報発信し「世界を変える行動人」キャンペーンを行い、クラブの公共イメージの向上につなげていきたいと思います。
ロータリー5大奉仕で一番新しい奉仕活動である青少年奉仕では地域の青少年奉仕ニーズを把握し、関連団体とも協力した形の奉仕活動できたらと思います。わがクラブで提唱しているローターアクトは30歳で卒業ということもあり、会員減少により、少ないメンバーで頑張っています。市内インターアクトとの交流や、我がクラブの奉仕活動にも参画してもらい、つながりを増やし、地域社会に貢献することにより、ローターアクトの会員増強と活性化を図っていきたいと思います。
ロータリー財団への寄付は、ポリオ撲滅、青少年交換事業や各クラブの奉仕事業に役立てられる地区補助金、グローバル補助金等、様々な有意義な奉仕事業に役立てられます。
一人当たり年次寄付200ドル以上ポリオ寄付40ドル以上の目標を達成したいと思います。
米山記念奨学制度は日本独自のプロジェクトです。大学・大学院生の世界128か国の応募のあった留学生に厳密な試験を行い1年あるいは2年間の奨学金を与える制度ですが、単に奨学金を与えるだけでなく、ホストクラブの例会参加や地区諸事業へ参加、ロータリアンと交流し将来日本と海外諸国の懸け橋になるようプログラムされております。我がクラブでも段毛毛君のホストクラブを引き続きしています、より交流を深めて、立派な学友となるよう応援していきたいと思います。米山学友(OB)は各国で学友会を結成し、日本のロータリーへの感謝とこれから勉強したい後輩たちへ支援活動をしています。
ロータリーのビジョン声明には「私たちロータリアンは、世界で地域社会でそして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人々が手を取り合って行動する世界を目指していきます。」とあります。我がクラブでも中期ビジョンを策定し、相模原ロータリーらしい将来あるべき姿を実現する行動計画の策定をしていきたいと思います。
相模原ニューシティーロータリークラブのサポートは最終年度になります。多くの交流を通じてさらに活性化したクラブになるようサポートしていきたいと思います。
現代は情報機器の発達により、多くの情報が入手し易くなりました。ロータリーにおいても、そのロータリー情報の多くが「マイロータリー」にアクセスすることにより入手することが可能です。我がクラブでは「マイロータリー」の登録率が残念ながら半分くらいです。会員の皆様により楽しいロータリーライフを送って頂くために、登録利用率を高めたいと思います。
一方SNSを使用した、事件・問題が多発している現代、いかに良い文明の利器もそれを使用する人間の文化度が寛容ではないでしょうか?我がクラブの良さである人を思いやり愛する心をロータリー家族。地域社会に更に広げていきたいと思います。
皆様のご協力よろしくお願い申し上げます。

PAGE TOP