相模原ロータリークラブ

ロータリークラブ概要2016-2017

クラブ紹介

banner
バナー

政令指定都市・相模原市は、緑と太陽の街といわれ、市の西方には母なる河、相模川が悠々と流れています。
クラブのバナーは、市のシンボルカラーである緑を基調とし、左側の三本の線で、相模川を表したものです。

相模原ロータリークラブは、神奈川県の茅ヶ崎ロータリークラブをスポンサークラブとして、相模原地域の最初のロータリークラブとして1962年(昭和37年)8月10日発足し、同年9月8日国内520番目、現在の第2780地区では16番目のクラブとして認証されました。
当初27名の会員をもってスタートし、この50余年間に約350名が奉仕の理想、奉仕の理念を実践するため、また、新たな出会いを求めて相模原ロータリークラブに入会しました。現在のクラブ会員数は52名です。
年々歳々人は変われど、ロータリーの奉仕の理想、奉仕の理念の信念は変わることなく、脈々と受け継がれています。相模原ロータリークラブは伝統に安住することなく、変化に対応してきました。会員同士が和敬の心をもって、お互いのふくらみのあるロータリーライフに寄与し合うことを大切にしております。同時に、ロータリーの奉仕の理想の種を蒔くべく、相模原地域のクラブ拡大にも努め、津久井ロータリークラブ、相模原南ロータリークラブ、相模原中ロータリークラブ、相模原グリーンロータリークラブ、相模原橋本ロータリークラブのスポンサークラブを務めさせていただきました。
今後とも私たちは奉仕の精神、奉仕の理念を燃やし、繋いでまいります。

役員・理事

役員
苗村 泰徳(会長)
川井 俊幸(会長エレクト)
比嘉 成夫(会長ノミニー:副会長)
山口 紀生(幹事)
竹内 克雅(会計)
伊藤 公介(会場監督)
理事
苗村 泰徳(会長)
川井 俊幸(会長エレクト:クラブ管理運営)
比嘉 成夫(会長ノミニー:副会長)
松岡 忠義(奉仕プロジェクト )
鈴木 正彦(会員増強)
木内 哲也(クラブ広報 )
山口 紀生(幹事)
竹内 克雅(会計)
伊藤 公介(会場監督)
古性 敏行(直前会長)
宮﨑 哲朗(直前幹事)
会計監査
森 正雄
副幹事
菅野 宏一(理事会オブザーバー)
副会場監督
森 正雄

委員会構成

 常設委員会 委員長 特別・担当委員長 担当委員長  担当副委員長  委員
クラブ
管理運営
川井 俊幸 プログラム 杉岡 芳樹 守屋 又市 菅沼 山一 鈴木 誠
出席 宮下 哲太朗 緒方 義弘 志村 みか 黒木 文也 山本 忠典
親睦活動 緒方 義弘 西澤 勇司 菅野 宏一 柴田 正隆 川合 靖一
近藤 千奈美 佐藤久美子 赤間源太郎
山本 忠典 新倉 裕  鈴木 誠
𠮷田 茂司 藤田 寛之
ゴルフ担当 比嘉  成夫・ 守屋 又市
苫小牧姉妹特別 杉田 豊範 菅沼 山一 薗 廣四郎 磯崎 嘉徳 牛久保政宏
比嘉 成夫 根本 敏子 成川  猛
志村 みか  緒方 義弘 黒木 文也
雑誌・クラブ会報 成川 猛 竹内 克雅 志村 好美 松嵜 英剛 西澤 勇司
近藤千奈美 今里 幸治 藤田 寛之
 会員増強 鈴木 正彦 クラブ研修 松田 壯吾 古性 敏行 小林 亮 根岸 信行 久保田栄一
職業分類 久保田栄一 松岡 忠義 薗 廣四郎 伊藤 孝仁 森 正雄
会員選考 井上 穣 杉岡 芳樹 磯崎 嘉徳 牛久保政宏
会員増強小 柴田 正隆 川合 靖一 佐藤 清一 畑 喜代司 近藤千奈美
赤間源太郎 山本 忠典  鈴木 誠
奉仕
プロジェクト
松岡 忠義 職業奉仕 阿部 邦彦 成川 猛 菅野 宏一 堀 貴麿 佐藤久美子
社会奉仕 松岡 忠義 柴田 正隆 志村 好美 堀 貴麿 赤間源太郎
新倉 裕 𠮷田 茂司
国際奉仕 川合 靖一 近藤千奈美 畑 喜代司 志村 みか 西澤 勇司
 クラブ広報 木内 哲也 今里 幸治 井上 穣 久保田栄一 森 正雄
西澤 勇司 川合 靖一 佐藤久美子
ロータリー財団 森 正雄 久保田栄一 宮﨑 哲朗 鈴木 勝久 志村 好美
竹内 克雅
青少年育成 松嵜 英剛 青少年育成プロジェクト 堀 貴麿 杉田 豊範 鈴木 勝久 原 光宏 赤間源太郎
ローターアクト特別 松嵜 英剛 宮下哲太朗 宮﨑 哲朗 松岡 忠義 杉田 豊範
柴田 正隆 川合 靖一 佐藤久美子
米山奨学 西澤 勇司 鈴木 勝久 根本 敏子 伊藤 孝仁 原  光宏
戦略計画
検討
松田 壯吾 鈴木 正彦 杉岡 芳樹 木内 哲也 菅沼 山一
比嘉 成夫 古性 敏行 根本 敏子
川井 俊幸 山口 紀生 宮﨑 哲朗
苗村 泰徳 守屋 又市 竹内 克雅
相模原橋本
RCサポート特別
杉岡 芳樹 伊藤 孝仁
根本 敏子
松田 壯吾 牛久保政宏 阿部 邦彦
志村 みか 緒方 義弘
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
会計:竹内 克雅 会計監査:森 正雄 会場監督:伊藤 公介 副会場監督:森 正雄

相模原市等関連委員会

委員会名称 会 長 委員数 役 職 任 期
相模原市民まつり 市 長 15 会 計 1年
美化運動推進協議会 市 長 13 理 事 1年
福祉のまちづくり推進協議会 戸塚 英明氏 15 理 事 2年
相模原市安心安全まちづくり推進協議会 市 長 会 員
相模川を愛する会 井上 倭佐男氏 26 理 事 2年
相模原市国際化推進委員会 杉岡 芳樹氏 33 理 事 2年
相模原社会を明るくする運動推進委員会 市 長 20 理 事 1年
相模原市観光親善大使事業運営委員会 佐藤 匠 22 理 事 1年
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。

地区役員、委員

地区諮問委員会 小林 亮
研修委員会 副委員長 杉岡 芳樹
クラブ奉仕委員会 委員 古性 敏行
青少年奉仕 委員 菅沼 山一
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。

事務所

相模原市中央区中央3−12−3
相模原商工会館内(〒252-0239)
TEL 042−753−2020
FAX 042−753−2642
Email:info@sagami-rc.jp
URL:http://www.sagami-rc.jp/

例 会

  1. 例会日 毎週木曜日 12:30〜13:30
  2. 例会場 ゼスト・コートサイド・クラブ
    相模原市中央区中央6-2-1
    TEL 042−752−0007
    FAX 042−752−5173

理事会・年次総会

  1. 理 事 会
    毎月第1例会日または、第2例会日のどちらかに例会終了後、
    引続いて定例理事会を例会場に於いて開催する。
    但し、緊急に必要のあるときは随時臨時理事会を開催する。
  2. 年次総会
    12月第1週または、第2週のどちらかの木曜日

会費・入会金

  1. 年会費 270,000円
  2. 入会金 50,000円

所在地域と隣接ロータリークラブ

月曜日 相模原東R.C. 水曜日 相模原西R.C.
相模原柴胡R.C. 相模原大野R.C.
大和R.C. 座間R.C.
 海老名R.C.  厚木中R.C.
火曜日 相模原南R.C. 東京町田東R.C.
相模原中R.C.
厚木R.C.
東京町田中R.C.
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。

map

木曜日 相模原東R.C. 金曜日 津久井R.C.
津久井中央R.C. 相模原グリーンR.C.
大和中R.C. 大和田園R.C.
東京町田サルビアR.C.  東京町田R.C.
 海老名欅R.C. 厚木県央R.C.
相模原橋本R.C.
(奇数週木曜日夜)
(偶数週木曜日昼)
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。

活動計画

2016-17年度 会長

苗村 泰徳

会長基本方針

 「ロータリーの輪を拡げよう」のスローガンの下でクラブの歴史を踏まえ、例会開催等を目指していきます。
また、貴重な時間を有効に共有することで会員相互の親睦や、ニーズも十分に把握し、地域社会等への貢献(奉仕)を実践するようにする。

活動計画

  1. 「公開例会」等を行い、ロータリーの広報につとめる。
  2. 家族懇親会の充実(満足度・参加率のアップ等)を図る。
  3. クラブの財源強化とその有効利用を図る。
  4. 会員増減(様々な業種からの入会)を図り、また退会防止に努める。
  5. 「セカンド・イニシエーション・スピーチ」(5年以上在籍の会員)も採り入れ、5年未満の会員との親睦を図る。

2016-17年度 幹事

山口 紀生

目 標

会長の目標が実現できるよう補佐する。委員会組織を有効に活用すること によって円滑なクラブ運営を図る。

活動計画

会長の思いを各委員長に伝え、委員会が活躍することによって組織の活性化を図る。「ロータリーを広げる」ために、クラブ内外の活動への参加を最大限促す。

会 計
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 竹内 克雅
目 標

適切な資金管理を通じて、クラブの財務の健全性を保つ。
本会計と奉仕会計を明確に区分し、正確かつ明瞭な会計処理を行う。
各委員会活動を支援するため、支払処理の迅速化を図る。

活動計画
  1. 予算編成にあたっては、本会計と奉仕会計の区別を明確にし、本会計と奉仕会計との間の振替は理事会の決定事項とする。
  2. 会計報告は、決算のほか理事会の要請に基づき適宜行う。
  3. 各委員会活動を支援するため、各委員長の要請に基づいて迅速に出金する仮払い制度を充実させる。
  4. 会員からの預り金(財団・米山など)については、定期的に振込を行い適切に管理する。
  5. 予算遂行手順の順守。相見積りを原則とし、予算の遂行にあたる。
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
会場監督
区 別 担当委員 目標・活動計画
会場監督 伊藤 公介
目 標

時間やルールを守り、スムーズな進行を心掛け、
伝統あるクラブとしての品格を示せる例会になるよう努める。

活動計画
  1. 親睦委員会と協力し、会員やゲストが気持ちよく過ごせるように心掛ける。
  2. 事務局との事前確認を行い、無駄やミスのないよう心掛ける。
  3. 会長・幹事との事前打合せを徹底し、スムーズな進行を心掛ける。
  4. 例会進行と役割要領(クラブ研修覚書)を順守し、ルールや伝統の継承を心掛ける。
副会場監督 森 正雄
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
クラブ管理運営常設委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 川井 俊幸
目 標

例会行事の充実と会員相互の友愛・親睦を軸に充実を図る。

活動計画
  1. プログラム:例会行事、とりわけ卓話は例会の大事なプログラムです。会員卓話と外部卓話の調和を取りながら、魅力あるものにしたい。
  2. 出席:出席率の向上と改善に取り組みたい。
  3. 親睦活動:ロータリーの神髄は親睦(私見)。会員相互の親睦と融和が図れるよう、且つロータリー家族が集えるような活動に取り組みたい。
  4. 苫小牧姉妹特別:近々疎遠になりつつあるが、苫小牧との歴史と友情を再確認し、一層深いものにしたい。
  5. 雑誌・クラブ会報:会報の充実と「積ん読」にならないよう広報に努める。
  6.  各小委員会の事業活動への協力。
担当委員会 プログラム
出席
親睦活動
苫小牧姉妹特別
雑誌・会報
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
クラブ管理運営常設委員会
プログラム担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 杉岡 芳樹
目 標

クラブの例会は、職業上の発想の交換を通じて、分かち合いの精神による事業の永続性を学び、友情を深める場所であります。その結果として奉仕の 心が育まれ、親睦が生まれるような例会を目指します。

活動計画
  1. 会員による卓話の充実を図る
  2. 外部講師を招き、五大奉仕について学ぶ
  3. RIの月間テーマの理解を深める卓話を実施する
  4. 公開例会の開催
 副委員長 守屋 又市
委員 菅沼 山一
鈴木 誠
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
クラブ管理運営常設委員会
出席担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 宮下 哲太朗
目 標

例会出席がロータリー活動の原点であることを再認識し、出席率向上を図ります。

活動計画
  1. 近隣クラブの例会情報・メイク場所等の情報提供を行う。
  2. 欠席がちな会員に対するフォローを行う。
  3. プログラム委員会・親睦委員会等と協力し、例会・各種行事の充実を図る。
 副委員長 緒方 義弘
委員 志村 みか
黒木 文也
山本 忠典
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
クラブ管理運営常設委員会
親睦活動担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 緒方 義弘
目 標

会員相互の信頼が深まる様に努める。

活動計画
  1. 家族懇親会の充実(満足度・参加率のアップ等)を図る。
  2. 炉辺会合の充実・活性化の為の施策実施。
  3. 委員会メンバーの役割分担(例会準備、片付け、懇親会司会、バスツアー御世話係等々)の明確化。
 副委員長 西澤 勇司
 委員 菅野 宏一
柴田 正隆
川合 靖一
近藤 千奈美
佐藤 久美子
赤間 源太郎
山本 忠典
新倉 裕
鈴木 誠
𠮷田 茂司
藤田 寛之
ゴルフ担当 比嘉 成夫
守屋 又市
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
クラブ管理運営常設委員会
苫小牧姉妹特別委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 杉田 豊範
目 標

今年は苫小牧RCの創立60周年という祝賀をふまえ、相互の関係を強固で永続的に交流できるように努める。

活動計画

今年は苫小牧に訪問する年です。苫小牧RCの60周年記念行事と合わせた日程で進めていきます。

副委員長 菅沼 山一
委員 薗 廣四郎
磯崎 嘉徳
牛久保 政宏
比嘉 成夫
根本 敏子
成川 猛
志村 みか
緒方 義弘
黒木 文也
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
クラブ管理運営常設委員会
雑誌・クラブ会報担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 成川 猛
目 標

例会、クラブ活動、各会員の活動等の情報発信を的確に行う。

活動計画
  1. 紙面はA4サイズのままとする。
  2. 週報の目的であるクラブ行事、卓話、委員会報告、理事会等の情報を正確に周知する。
  3. 誌面作り・校正については、委員長・副委員長を中心に行うが、週報委員全員でその情報を共有する。
  4. 正確性を保つ為、報告等は例会時に報告者から原稿を頂く。また、卓話者には卓話の原稿依頼を行う。
  5. 文字の大きさ・記事と画像のバランス等、事務局の協力を得て、分かりやすい・読みやすい誌面を心がける。
  6. 会員の仕事に係るコラムの募集を行い、不定期にて掲載を行う。
  7. 週報の原稿を月曜日の朝までに提出を頂く。
 副委員長 竹内 克雅
委員 志村 好美
松嵜 英剛
西澤 勇司
近藤 千奈美
今里 幸治
藤田 寛之
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
会員増強常設委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 鈴木 正彦
目 標

歴史ある相模原ロータリークラブの会員として適格な人材の入会促進と現会員の維持に努め、会員数純増5名を目指す。。

活動計画
  1. クラブ研修、職業分類、会員選考、会員増強小委員会の各委員長と連携を密にし、情報の共有化を図る。
  2. 各委員会の活動の支援をする。
担当委員会 クラブ研修
職業分類
会員選考
会員増強小
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
会員増強常設委員会
クラブ研修担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 松田 壯吾
目 標

クラブメンバーに対し、有益なロータリー情報の提供、当クラブの歩みを伝え、メンバーのロータリーライフを意義あらしめます。

活動計画
  1. 毎月1回、クラブ研修委員会レポートを発行します。
  2. 年2回研修会を開催します(1回は例会扱い)
  3. 親睦委員会と連携し、同委員会を支援します。
 副委員長 古性 敏行
委員 小林 亮
根岸 信行
久保田 栄一
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
会員増強常設委員会
職業分類担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 久保田 栄一
目 標

地域社会において、事業及び専門職を持つ多くの新会員の加入を促し、クラブ発展とより一層の活性化を図る。

活動計画
  1. 職業分類表の再検討
  2. 充填されているもの、未充填のものを活動計画書に基づき、炉辺会合等で会員の協力を求める。
副委員長 松岡 忠義
委員 薗 廣四郎
伊藤 孝仁
森 正雄
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
会員増強常設委員会
会員選考担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 井上 穣
目 標

入会候補者がロータリアンとして我がクラブのメンバーとして適格性を判断し、迅速に選考する。

活動計画
  1. 候補者の社会的評価を調査確認する。
  2. 会員としての適格性。
  3. 社会奉仕に対しての理解の確認
  4. 例会への積極的な出席が可能か否か
  5. 推薦者より候補者の人物像等のヒヤリングの実施
 副委員長 杉岡 芳樹
委員 磯崎 嘉徳
牛久保 政宏
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
会員増強常設委員会
会員増強小委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 柴田 正隆
目 標

歴史と伝統を有する相模原ロータリークラブの会員の純増5名以上を必ず達成させる。

活動計画
  1. 会員増強のための候補者リストの作成
  2. 現行会員からの情報提供依頼を毎例会並びに炉辺会合で行い、候補者リストを充実させる。
  3. 会員間交流を活性化させることでロータリークラブも魅力を更に強める活動を親睦委員会と連携して行う。
  4. 各増強委員会関連委員会と密にコミュニケーションをとり、情報の共有化と候補者リストからのクロージング(入会)までを確実に進める。
 副委員長 川合 靖一
委員 佐藤 清一
畑 喜代司
近藤 千奈美
赤間 源太郎
山本 忠典
鈴木 誠
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
奉仕プロジェクト常設委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 松岡 忠義
目 標

ロータリークラブとして相応しい奉仕活動を考える。
三小委員会が連携して、真に役立つ奉仕活動を考え実行する。
当クラブが活動する地域に必要な奉仕を掘り起こす。
大災害時の対応を検討し準備する。

活動計画

テーマ

  1. 相模原市居住の外国人と交流する。
  2. 熊本、大分の震災復興の支援をする。
担当委員会 職業奉仕
社会奉仕
国際奉仕
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
奉仕プロジェクト常設委員会
職業奉仕担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 阿部 邦彦
目 標

職業奉仕の理念理解と職業倫理の高揚に努めること。

活動計画

会員相互の職業奉仕を理解し、お互いの向上を図り、助け合える場を作って参ります。
会社訪問を企画していきます。
地区の職業奉仕の状況を報告していきます。

 副委員長 成川 猛
委員 菅野 宏一
堀  貴麿
佐藤 久美子
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
奉仕プロジェクト常設委員会
社会奉仕担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 松岡 忠義
目 標
  1. 同プロジェクト内の小委員会と連携し、地域社会に密着した奉仕活動をする。
  2. 災害被災地の復興支援をする。
活動計画
  1. 相模原市内で必要な奉仕活動を探る。
  2. 熊本大分の震災復興を支援しながら、災害時のロータリーとして実効ある支援の仕方を探る。
 副委員長 柴田 正隆
委員 志村 好美
堀  貴麿
赤間 源太郎
新倉 裕
𠮷田 茂司
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
奉仕プロジェクト常設委員会
国際奉仕担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 川合 靖一
目 標
  1. 同プロジェクト内の小委員会と連携し、地域社会に密着した奉仕活動をする。
  2. 長期的な国際支援を検討する。
活動計画
  1. 淵野辺の国際ラウンジに訪問し、NEEDSの発掘をする。
  2. そのNEEDSに基づき、実施計画を策定する。
  3. 長期的な国際支援を主眼とした活動を策定する。
  4. 国際大会への参加を促し、旅行を成功させる。
副委員長 近藤 千奈美
委員 畑 喜代司
志村 みか
西澤 勇司
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
クラブ広報常設委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 木内 哲也
目 標

ロータリー活動を地域社会に知らしめるように活動する。積極的にITを利用し、相模原ロータリークラブの名前を広めるようにする。

活動計画

地域への対応として、ホームページを充実し、地域の情報誌に活動を取り上げてもらうようにする。
「ロータリーの友」に投稿する。

副委員長 今里 幸治
委員 井上 穣
久保田 栄一
森 正雄
西澤 勇司
川合 靖一
佐藤 久美子
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
ロータリー財団常設委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 森 正雄
目 標

ロータリー財団の使命である、ロータリアンが健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済する事を通じて、世界理解、親善、平和を達成する為の善意のシステムをクラブ会員に理解して頂き、実践する。

活動計画
  1. クラブ会員が財団の使命を理解し、自発的に寄付ができるよう働きかける。
  2. ロータリー財団補助金について活用方法を会員に啓蒙し、奉仕プロジェクトへの一助とする。
  3. 使用することによりロータリー財団に自動的に寄付できる、ロータリーカードの啓蒙を行う。
副委員長 久保田 栄一
委員 宮﨑 哲朗
鈴木 勝久
志村 好美
竹内 克雅
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
青少年育成常設委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 松嵜 英剛
目 標

青少年に将来を担う人材になってもらうための育成・支援を行う。

活動計画
  1. 青少年育成プロジェクト
    相模原市、ガールスカウト、その他関係機関と連携し、青少年の人材育成の為の支援を行う。
  2. ローターアクト特別委員会
    クラブ会員へのローターアクトの活動報告を行う。
    ローターアクト会員増強の支援
    ロータリー家族として、移動例会や夜間例会等にアクトに参加してもらい、本クラブ会員との交流を図る
担当委員会 青少年育成
プロジェクト
ローター
アクト特別
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
青少年育成常設委員会
青少年育成プロジェクト担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 堀 貴麿
目 標

地域の次世代のリーダー育成、健全な青少年の育成・支援をする。

活動計画
  1. 相模原市、ガールスカウトその他、関係各機関と連携し、青少年の人材育成の為の支援をおこなう。
  2. ゴルフ関係各機関と連携し、青少年の人材育成の為の支援を行う。
副委員長 杉田 豊範
委員 鈴木 勝久
原 光宏
赤間 源太郎
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
青少年育成常設委員会
ローターアクト特別委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 松嵜 英剛
目 標

スポンサークラブとして支援を行いつつ、ローターアクトとの交流を通じてアクト世代へのロータリー精神の共有を図る。

活動計画
  1. クラブ会員へのローターアクトの活動報告を行う
  2. ローターアクト会員増強の支援
  3. ロータリー家族として、移動例会や夜間例会等にアクトに参加してもらい、本クラブ会員との交流を図る。
副委員長 宮下 哲太朗
委員 宮﨑 哲朗
松岡 忠義
杉田 豊範
柴田 正隆
川合 靖一
佐藤 久美子
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
米山奨学常設委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 西澤 勇司
目 標

米山奨学金の設立の経緯と奨学会事業を会員にご理解頂き、協力をお願いする。

活動計画
  1. 奨学金に対する理解の上、寄付金のクラブ目標を達成する。
  2. 米山奨学事業に関する理解を深めるための卓話を、適任者をお招きして実施する。
副委員長 鈴木 勝久
委員 根本 敏子
伊藤 孝仁
原 光宏
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
戦略計画検討委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 松田 壯吾
目 標

RI戦略計画の中核となる価値観(親睦、奉仕、多様性、高潔性、リーダーシップ)の実践をめざします。

活動計画
  1. クラブの永続的発展のための重要かつ効果的なプロジェクトの方向性を検討し、理事会、メンバーに提案します。
  2. 年6回 例会前に委員会を開催します。
副委員長 鈴木 正彦
委員 杉岡 芳樹
木内 哲也
菅沼 山一
比嘉 成夫
古性 敏行
根本 敏子
川井 俊幸
山口 紀生
宮﨑 哲朗
苗村 泰徳
守屋 又市
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
相模原橋本ロータリークラブサポート特別委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 杉岡 芳樹
目 標

設立3年が経過したクラブを、スポンサークラブとして、ロータリー活動全般をサポートする。

活動計画
  1. 当委員会メンバーが、例会に出席し、例会を指導する。
  2. 地区研修委員会と協力をして、クラブ運営、事業等のサポートをする。
  3. 橋本クラブが担当するI.Mへの協力をする。
  4. 橋本ロータリークラブとの合同例会の開催
副委員長 伊藤 孝仁
根本 敏子
委員 松田 壯吾
牛久保 政宏
阿部 邦彦
志村 みか
緒方 義弘
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。

PAGE TOP