相模原ロータリークラブ

ロータリークラブ概要2021-2022

クラブ紹介

banner
バナー

政令指定都市・相模原市は、緑と太陽の街といわれ、市の西方には母なる河、相模川が悠々と流れています。
クラブのバナーは、市のシンボルカラーである緑を基調とし、左側の三本の線で、相模川を表したものです。

相模原ロータリークラブは、神奈川県の茅ヶ崎ロータリークラブをスポンサークラブとして、相模原地域の最初のロータリークラブとして1962年(昭和37年)8月10日発足し、同年9月8日国内520番目、現在の第2780地区では16番目のクラブとして認証されました。
当初27名の会員をもってスタートし、この50余年間に約350名が奉仕の理想、奉仕の理念を実践するため、また、新たな出会いを求めて相模原ロータリークラブに入会しました。現在のクラブ会員数は52名です。
年々歳々人は変われど、ロータリーの奉仕の理想、奉仕の理念の信念は変わることなく、脈々と受け継がれています。相模原ロータリークラブは伝統に安住することなく、変化に対応してきました。会員同士が和敬の心をもって、お互いのふくらみのあるロータリーライフに寄与し合うことを大切にしております。同時に、ロータリーの奉仕の理想の種を蒔くべく、相模原地域のクラブ拡大にも努め、津久井ロータリークラブ、相模原南ロータリークラブ、相模原中ロータリークラブ、相模原グリーンロータリークラブ、相模原橋本ロータリークラブのスポンサークラブを務めさせていただきました。
今後とも私たちは奉仕の精神、奉仕の理念を燃やし、繋いでまいります。

役員・理事

役員
松岡 忠義(会長)
伊藤 孝仁(会長エレクト)
守屋 又市(会長ノミニー:副会長)
新倉 裕(幹事)
松嵜 英剛(会計)
中村 太郎(会場監督)
理事
松岡 忠義(会長)
伊藤 孝仁(会長エレクト)
守屋 又市(会長ノミニー:副会長)
杉田 豊範(奉仕プロジェクト)
鈴木 誠(クラブ広報)
水野 仁(会員増強)
新倉 裕(幹事)
松嵜 英剛(会計)
中村 太郎(会場監督)
宮﨑 哲朗(直前会長)
伊藤 公介(直前会幹事)
会計監査
根本 敏子 / 藤田 寛之
会計補佐
森 正雄 / 池田 亨
副会場監督
水野 仁 / 宮下 哲太朗

委員会構成

常設委員会 委員長 特別・担当委員長 担当委員長 担当副委員長 委員
クラブ
管理運営
伊藤 孝仁
(理事)
会長エレクト
プログラム 西澤 勇司 杉田 豊範 佐藤 久美子 藤田 寛之 赤間 源太郎
出席 今岡 俊二 秋山 直樹 菅野 宏一 市川 雄士 山本 隆人
親睦活動 竹内 健 鈴木 誠 堀貴 麿 川合 靖一 鈴木 優二
西澤 健太郎 根岸 小百合 水谷 正一郎
佐藤 典克 池田 亨 田中 正二
沼澤 剛志 牧野 英太郎 香川 健
不破 俊幸 近藤 千奈美 早川 優
内ゴルフ担当 堀 貴麿 鈴木 誠 水谷 正一郎
苫小牧姉妹特別 稲場 純 竹内 健 杉岡 芳樹 菅沼 山一 鈴木 正彦
雑誌・クラブ会報 宮下 哲太朗 根岸 小百合 鈴木 勝久 稲葉 俊明 佐藤 典克
システム 中村 太郎(理事) 伊藤 公介 松嵜 英剛 西澤 勇司 山本 忠典
新倉 裕 水野 仁 根岸 小百合
Web 川合 靖一 阿部 邦彦 山口 紀生 鈴木 誠 吉田 茂司
会員増強 水野 仁
(理事)
クラブ研修 鈴木 正彦 宮﨑 哲朗 根岸 信行 杉岡 芳樹 緒方 義弘
職業分類 山口 紀生 松田 壯吾 磯﨑 嘉德 成川 猛 岩谷 房雄
会員選考 川井 俊幸 苗村 泰徳 佐藤 清一 井上 穰 比嘉 成夫
会員増強小 水野 仁 岩谷 房雄 阿部 邦彦 柴田 正隆 稲場 純
奉仕
プロジェクト
杉田 豊範
(理事)
職業奉仕 森 正雄 柴田 正隆 守屋 又市 堀 貴麿 沼澤 剛志
社会奉仕 杉田 豊範 山本 忠典 細谷 政幸 鈴木 優二 牧野 英太郎
国際奉仕 志澤 菜穂子 吉田 茂司 川合 靖一 稲葉 俊明 香川 健
 クラブ広報 鈴木 誠
(理事)
松嵜 英剛 川井 俊幸 志村 みか 西澤 健太郎
ロータリー財団 比嘉 成夫 根本 敏子 牛久保 政宏 池田 亨
青少年育成 齊藤 啓夫 青少年育成プロジェクト 佐藤 久美子 菅野 宏一 赤間 源太郎 市川 雄士 水谷 正一郎
ローターアクト特別 緒方 義弘 藤田 寛之 志村 みか 山本 隆人
米山奨学 成川 猛 齊藤 啓夫 守屋 又市 秋山 直樹 田中 正二
戦略計画
検討
井上 穰 古性 敏行 薗 廣四郎 木内 哲也 鈴木 正彦
根本 敏子 畑 喜代司 細谷 政幸
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
会計:松嵜 英剛(理事) / 会計監査:根本 敏子・藤田 寛之 / 会場監督:中村 太郎(理事) / 副会場監督:水野 仁・宮下 哲太朗

活動計画

2021-22年度 会長

松岡 忠義

目  標

『伝統を研く』
創立60周年を迎え、先輩諸氏が築き上げた、相模原ロータリークラブの伝統に研きをかけて、後進に引き継ぐ年とします。
今年度RI会長テーマ「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」を理解し、わが相模原市で、私たちができる事、必要とされている事を、全員で探り出した上、データーベースとして使えるシステムを構築します。
情報伝達と入手の手段を多様化し、会員が参加し易いクラブを目指します。
全会員が一致団結し、過去最大の会員数を超える強力なクラブを作りましょう。

活動計画

  1. 60周年事業と式典を実施する
  2. クラブ運営のデジタル活用を進める
  3. ローターアクトクラブの支援を強化する
  4. 委員会の活動に必要な情報を整理して、データーベースを構築する

2021-22年度 幹事

伊藤 公介

基本方針

会長方針並びに活動計画の遂行を支え、会員相互の協調と連携に努め、円滑なるクラブ運営を図る。
創立60周年のクラブとして、風格ある組織構築を目指す。

活動計画

  1. 会長と各委員会とのファシリテーター(架け橋)に努める。
    会長方針と各委員会活動に齟齬が生じないよう、情報伝達の架け橋役になる。
  2. 会員へ伝えるべき情報を速やかに伝達する。
    地区情報や理事会決議事項など、タイムリーな情報伝達に努める。
  3. 会員維持の補佐。
    退会者の無い活力あるクラブづくりを補佐する。
会 計
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 松嵜 英剛
目 標

クラブ運営システムが稼働し次第、会計をグループウエアで公開することを目指す。
その為に誰にでも見易い簡潔明瞭な会計の記録を行う。

活動計画

以前の会計については、残高引継ぎのみ行い、当該年度の理事役員会での検証は行わない。

  1. 今年度の残高をスタートとし、銀行口座に記録する。
  2. すべての入出金を、明細毎に通帳を通す、一括入出金は出来るだけしない。
  3. 通帳に明細を記入する。
  4. 本会計、奉仕会計、周年事業会計に分けて別口座を作る。
  5. 会計帳簿を簡素化し、すべての明細、日時を明確に記載する。
  6. 明細の無い雑費表示はしない。
補 佐 森 正雄
池田 亨
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
会場監督
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 中村 太
目 標
  1. 会員、ゲストともに楽しめ、かつ有意義な例会づくりをする。
  2. 食事のロスをなくすため、事務局と協力し、参加人数を把握し、食事の数を手配するようにする。
  3. 例会場における2フロアでの運営について工夫する。
活動計画
  1. 会長・幹事との打ち合わせを密にし、優先事項を認識する。
  2. 親睦委員会、事務局との打ち合わせを密にし、ゲストの把握、各担当委員の確認を行う。
  3. 2フロアでの例会運営について、親睦委員会と協力し、メインフロア以外のフロアについても配慮するようにする。
副委員長 水野 仁
宮下 哲太朗
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
クラブ管理運営常設委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 伊藤 孝仁
目 標

コロナ禍の中、関連委員会とよく協議して例会のニューノーマル化に取り組み、クラブ会員の積極的なロ-タリ-活動への参加と結束に力を注ぎます。

活動計画
  1. リモートと対面の2つを同調させたハイブリッド例会をさらにアップグレードし、創意工夫を凝らした魅力ある例会となるよう努めます。
  2. 会員相互の親睦と友情を育む事業はもとより、ロータリーファミリーや姉妹クラブとの絆を深める事業の企画・運営を行います。
  3. 「ロータリーの友」や「ガバナー月信」等における有益情報を例会でも披露し、一人のロータリーメンバーとして雑誌・会報への投稿も勧めます。
  4. クラブの事務作業の効率化や情報の公平な共有、プロジェクト情報のデータベース化などを推進します。
担当委員会 プログラム
出席
親睦活動
苫小牧姉妹特別
雑誌・クラブ会報
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
クラブ管理運営常設委員会
プログラム担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 西澤 勇司
目 標

会長の運営方針に基づき、例会のプログラム編成を立案することにより、楽しい例会を実現することと、会員にとって有益な機会となり、また親睦も深まる場づくりにする。

活動計画
  1. 会員による卓話の充実。
  2. 強化月間については、各委員会と連携してそれぞれのテーマに相応しい卓話を計画する。
  3. 60周年記念式典の準備活動や式典当日もプログラムに組み込む。
  4. イニシエーションスピーチも重要なプログラムであるが、今年度は敢えてパワーポイントなどを使わずに「語り」を重視で実施する。
副委員長 杉田 豊範
委員 佐藤 久美子
藤田 寛之
赤間 源太郎
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
クラブ管理運営常設委員会
出席担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 今岡 俊二
目 標

例会出席はロータリー活動の『最も重要な要素』であることの認識を深めて頂き、出席率向上を図ります。

活動計画
  1. 例会出席数、出席率を把握し、欠席の多い会員に対するフォローを行う。
  2. 近隣クラブの例会情報・メイク場所等の情報を随時案内し、出席率向上を図る。
  3. 親睦委員会等と協力し、例会・各行事の充実を図り出席したくなる環境をつくる。
 副委員長 秋山 直樹
委員 菅野 宏一
市川 雄士
山本 隆人
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
クラブ管理運営常設委員会
親睦活動担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 竹内 健
目 標

会長並びに理事会の方針のもと、会員相互が楽しく親睦できる事業を企画して、相模原ロータリークラブの親睦を図って参ります。
また、新会員にも積極的に役務を担当していただきクラブへの参画意識を高めていきます。

活動計画
  1. 新会員がすんなり溶け込んで、積極的に活動に参加できる土壌を醸成する。
  2. ロータリークラブは会員全員が協力して運営していることを再確認する。
  3. ロータリアンは全員平等で、年齢や先輩への敬意の表し方の形式化を是正する。
  4. 60周年事業と親睦活動を調整し、経費の有効活用を考える。
  5. 新型コロナ感染症により例会が不規則になる場合を想定して、会員とファミリーの絆を保つ工夫をこらす。
副委員長 鈴木 誠
委員 堀 貴麿
川合 靖一
鈴木 優二
西澤 健太郎
根岸 小百合
水谷 正一郎
佐藤 典克
池田 亨
田中 正二
沼澤 剛志
牧野 英太郎
香川 健
不破 俊幸
ゴルフ
担当
堀 貴麿
鈴木 誠
水谷 正一郎
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
クラブ管理運営常設委員会
苫小牧姉妹特別委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 稲場 純
目 標

今年は当クラブ創立60周年を迎える記念すべき年です。
昨年姉妹締結50周年を迎えた姉妹クラブとの交流を通じ更なる絆を深める。

活動計画

今年は苫小牧RCの相模原訪問の年です。
創立60周年記念式典も開催されるため、状況を勘案しつつ先方との連絡を密にとりながら、お互いの親交を深める企画にする。

副委員長 竹内 健
委員 杉岡 芳樹
菅沼 山一
鈴木 正彦
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
クラブ管理運営常設委員会
雑誌・クラブ会報担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 宮下 哲太朗
目 標

例会・クラブ活動・各委員会の活動などの情報発信を通じ、会員相互の親睦と交流を図る。

活動計画
  1. Web 委員会と連携し、週報をデジタルにて配信する。
  2. 編集の簡素化・効率化を図り、正確で迅速な週報を例会毎に作成する。
  3. ロータリーの友について、会員の興味や関心の高い企画を検討する。
副委員長 根岸 小百合
委員 鈴木 勝久
稲葉 俊明
佐藤 典克
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
システム委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 中村 太郎
目 標

クラブ活性化と円滑な情報共有を目指して、グループウェアを採用し活用する。

活動計画
  1. グループウェアの検討と採用。
  2. 会員間の情報格差を埋める。
  3. 活動計画書のデジタル化。
  4. 活用の為、説明会の開催。
  5. 個人の導入を手助けする。
副委員長 伊藤 公介
委員 松嵜 英剛
西澤 勇司
山本 忠典
新倉 裕
水野 仁
根岸 小百合
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
web委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 川合 靖一
目 標

先輩諸氏が築き上げてきた、様々な歴史を、容易に発信することができるよう、週報のデジタル化を進めます。

活動計画
  1. 今年度の週報のデジタル化。
  2. 中長期デジタル戦略の策定。
副委員長 阿部 邦彦
委員 山口 紀生
鈴木 誠
吉田 茂司
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
会員増強常設委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 水野 仁
目 標

持続可能なクラブの発展に帰するため、また積極的な奉仕活動を行っていく為会員増強に努める。
また、各委員会と連携をとり、コロナ禍での退会防止を図る。

活動計画
  1. クラブ研修、職業分類、会員選考、会員増強の各委員長と連携し、情報の共有化を図る。
  2. 各委員会の活動の支援を行う。
担当委員会 クラブ研修
職業分類
会員選考
会員増強小
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
会員増強常設委員会
クラブ研修担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 鈴木 正彦
目 標

研修を通じて、60周年を迎える相模原ロータリークラブのますますの活性化を図る。

活動計画
  1. 多様化し変化し続けるロータリークラブのタイムリーな情報を提供する。
  2. 入会3年未満の会員へのロータリーの基本知識の研修を行う。
  3. マイロータリーへの登録率を高める。
副委員長 宮﨑 哲朗
委員 根岸 信行
杉岡 芳樹
緒方 義弘
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
会員増強常設委員会
職業分類担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 山口 紀生
目 標

職業の多様化に対応できうる柔軟性ある職業分類に努める。

活動計画
  1. 職業分類表の検討と未充填会員の充足に努める。
  2. 会員増強小委員会、会員選考担当委員会と連携・情報交換を行い会員増強を促す。
副委員長 松田 壯吾
委員 磯﨑 嘉德
成川 猛
岩谷 房雄
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
会員増強常設委員会
会員選考担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 川井 俊幸
目 標

会員増強小委員会より推薦された入会候補者が、相模原ロータリークラブ会員として適格か、現会員と協調できるか等判断し選考する。

活動計画
  1. 候補者の会員としての適格性を検討
  2. 地域での社会的評価を調査
  3. 例会出席、クラブ行事参加の確認
  4. 奉仕活動に対する熱意、考えを確認
副委員長 苗村 泰徳
委員 佐藤 清一
井上 穰
比嘉 成夫
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
会員増強常設委員会
会員増強小委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 水野 仁
目 標

年度末までに会員数76名以上を目指す。

活動計画
  1. 新会員候補に案内できるパンフレットを作成する。
  2. 女性会員の会員比率を向上させる。
  3. RI 会長のテーマ「Each One Bring One」を念頭に、会員全員に協力を仰ぎ会員増強に努める。
  4. 他委員会と連携し、新会員の退会防止に努める。
副委員長 岩谷 房雄
委員 阿部 邦彦
柴田 正隆
稲場 純
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
奉仕プロジェクト常設委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 杉田 豊範
目 標

職業・社会・国際それぞれの奉仕プロジェクトの立案と実施を支援する。

活動計画

クラブの資金や会員の時間を適切に活用し、様々な奉仕プロジェクトを実施する。

担当委員会 職業奉仕
社会奉仕
国際奉仕
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
奉仕プロジェクト常設委員会
職業奉仕担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 森 正雄
目 標

ロータリアンが自らの職業を通じて人々に奉仕し、高い道徳水準を実践する。

活動計画
  1. 職業奉仕の実践を学び、職業奉仕による社会とのコミュニケートを理解する。
  2. 60周年記念事業と情報を共有し、当クラブの活性化を行う。
副委員長 柴田 正隆
委員 守屋 又市
堀 貴麿
沼澤 剛志
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
奉仕プロジェクト常設委員会
社会奉仕担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 杉田 豊範
目 標

社会奉仕を通して地域の人々の暮らし易い社会貢献し、諸団体との共同事業を企画する。

活動計画
  1. 地域貢献できる社会奉仕活動の実施
  2. ポリオ撲滅運動、薬物乱用防止の参画。
副委員長 山本 忠典
委員 細谷 政幸
鈴木 優二
牧野 英太郎
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
奉仕プロジェクト常設委員会
国際奉仕担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 志澤 菜穂子
目 標

本年度 RI テーマである「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」について会員の理解を深め、国際的な奉仕活動を行っていきます。
ヒューストンで開催される国際大会に過去最大の人数参加し世界各国のロータリー活動を直接感じることで更なる国際奉仕活動につなげていきます。

活動計画
  1. より多くの会員にRIテーマにそって国際奉仕についての理解を深める。
  2. 国際大会に参加し世界での活動を理解するとともに会員同士の交流も深める。
  3. 国際大会での経験を発表しその意義を話し合い更なる国際大会への参加促進につなげていく。
副委員長 吉田 茂司
委員 川合 靖一
稲葉 俊明
香川 健
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
クラブ広報常設委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 鈴木 誠
目 標

地域社会に於けるロータリークラブの公共的なイメージ向上に努める。

活動計画

ロータリークラブが実行する活動内容の対外的な広報活動。

副委員長 松嵜 英剛
委員 川井 俊幸
志村 みか
西澤 健太郎
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
ロータリー財団常設委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 比嘉 成夫
目 標

教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できることを目標とする。

活動計画
  1. 会員が財団の使命を理解できるように活動する。
  2. 財団の補助金制度の活用を支援する。
  3. 地区の目標の一人財団200ドル、ポリオ40ドルの寄付を働きかける。
副委員長 根本 敏子
委員 牛久保 政宏
池田 亨
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
青少年育成常設委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 齊藤 啓夫
目 標

未来を担う人材育成の支援と持続可能にするシステムの構築。

活動計画
  1. 青少年育成
    プロジェクト委員会
    ・ガールスカウト神奈川第30団活動支援
    ・RI2780地区(RYLA/ライラ)協力
  2. ローターアクト特別委員会
    ・ローターアクトの会員増強、退会防止の支援
    ・ローターアクトの活動支援
担当委員会 青少年育成
プロジェクト
ローターアクト
特別
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
青少年育成常設委員会
青少年育成プロジェクト担当委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 佐藤 久美子
目 標

次代を担う青少年の育成支援。

活動計画
  1. ガールスカウト神奈川第30団への活動支援。
  2. 地区ロータリー青少年指導育成プログラム(RYRA)への協力。
副委員長 菅野 宏一
委員 赤間 源太郎
市川 雄士
水谷 正一郎
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
青少年育成常設委員会
ローターアクト特別委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 緒方 義弘
目 標

ローターアクトの活動推進、支援協力に努める。

活動計画
  1. ローターアクト会員増強の支援。
  2. 例会を楽しくする為の支援。
  3. 新会員獲得の為のキャンペーンを提案、支援する。
副委員長 藤田 寛之
委員 志村 みか
山本 隆人
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
米山奨学常設委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 成川 猛
目 標

米山記念奨学会事業への理解を深め全員が事業に参加するよう努める。

活動計画
  1. 米山記念館への見学。
  2. カウンセラーの経験のある会員に卓話をしていただく。
副委員長 齊藤 啓夫
委員 守屋 又市
秋山 直樹
田中 正二
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。
戦略計画検討委員会
区 別 担当委員 目標・活動計画
委員長 井上 穰
目 標

ロータリ-精神に沿って、クラブの発展と地域貢献を両輪に、長期的に実践できるプロジェクトを目指す。

活動計画

クラブの将来に向けた、効果的な長期事業プロジェクトの検討。

副委員長 古性 敏行
委員 薗廣 四郎
木内 哲也
鈴木 正彦
根本 敏子
畑喜 代司
細谷 政幸
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。

相模原市等関連委員会

委員会名称 会 長 委員数 役 職 任 期
相模原市民まつり 市 長 15 会 計 1年
美化運動推進協議会 坂本 堯則 12 理 事 1年
福祉のまちづくり推進協議会 戸塚 英明 14 理 事 2年
相模川を愛する会 加藤 明 25 監 事 2年
相模原市国際化推進委員会 杉岡 芳樹 12 理 事 2年
相模原社会を明るくする運動推進委員会 市 長 85 理 事 1年
相模原市観光親善大使事業運営委員会 飯塚 侑 22 理 事 1年
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。

地域、地区役員、委員

地 域 役 職 氏 名
国際ロータリー第2地域 E/MGA(恒久基金/大口寄付アドバイザー) 杉岡 芳樹
委員会名称等 役  職 氏  名
パストガバナー/地区諮問委員会 委員 杉岡 芳樹
地区研修委員会 委員長
ガバナー補佐 委員 苗村 泰徳
オンツー・ヒューストン
国際大会委員会
委員
地区公共イメージ委員会 委員 水野  仁
ローターアクト委員会 委員 宮﨑 哲朗
緒方 義弘
青少年交換委員会 委員 西澤 勇司
補助金配分・VTT委員会 委員 中村 太郎
平和フェロー・奨学金委員会 委員 川合 靖一
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。

事務所

相模原市中央区中央3−12−3
相模原商工会館内(〒252-0239)
TEL 042−753−2020
FAX 042−753−2642
Email:info@sagami-rc.jp
URL:http://www.sagami-rc.jp/

例 会

  1. 例会日 毎週木曜日 12:30〜13:30
  2. 例会場 中国名菜 敦煌(トンコウ)
    相模原市中央区相模原2-13-1 スリーエルビル3F
    TEL 042-756-6555

理事会・年次総会

  1. 理事会
    毎月第1例会日または、第2例会日のどちらかに例会終了後、引続いて定例理事会を例会場に於いて開催する。
    但し、緊急に必要のあるときは随時臨時理事会を開催する。
  2. 年次総会
    12月第1週または、第2週のどちらかの木曜日

会費・入会金

  1. 年会費 270,000円
  2. 入会金 50,000円

所在地域と隣接ロータリークラブ

月曜日 相模原東RC 水曜日 相模原西RC
相模原柴胡RC 座間RC
 海老名RC 厚木中RC
火曜日 相模原南RC 東京町田東RC
相模原中RC
厚木RC
大和RC
東京町田中RC
相模原かめりあRC
(第一・三火曜日)
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。

所在地域と隣接ロータリークラブ

木曜日 相模原RC 金曜日 相模原グリーンRC
津久井中央RC 大和田園RC
大和中RC 東京町田RC
東京町田サルビアRC  厚木県央RC
 海老名欅RC
相模原橋本RC
(奇数週木曜日夜)
(偶数週木曜日昼)
相模原ニューシティRC
(第一、三木曜日夜)
本厚木RC
(第一、三木曜日夜)
スマホでご覧の際は上の表を横スクロール(スワイプ)でご覧下さい。

PAGE TOP